DESTORY - デストロイ -エキサイト
Exciteホーム Destroy.excite トップ サイトマップ

ブログトップ
ステージ!!?
e0031037_10564323.jpg

おーっこれは数々のライブが繰り広げられたあの伝説のステージでは!?
e0031037_1059940.jpg

って、CBGBショップの中の壁にいっぱいにかってのステージの写真があったりします。
St. Marksまで来たら覗いてみちゃってください!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-06-11 11:04 | CBGB | Comments(0)

VooDoo Hawaiians 【Vol,3】 インタビューのおまけ
二回にわたってのアップとなった、"VooDoo Hawaiians"フロントマンお二人へのインタビュー。お読みいただきありがとうございました。
さっそくですが、当日撮影させていただいた画像と、直筆コメントのスキャンをお届けします。
e0031037_18493949.jpg
CBGBの最新なTシャツを着てくださったお二人です。


では、次はコメント!
まずはギター&ボーカルの澄田健さんから。
e0031037_18433351.jpg
グレートなレストルーム、新店舗では直っちゃうんでしょうかね。ちょっと切ないですね。
それにしても澄田さんの字がネットで公開されるのはちょっとレアなのではないでしょうか?


次はボーカル&ギターの中山加奈子さん!
e0031037_18434646.jpg

ハートとスカルの共演が中山さんのロックLOVEを表現してますよね!
とても言葉を選んで話されている、すてきな方でした。


お二人とも横浜でのライブを直前に控えたお忙しい中かけつけてくださいました。
ぜひまた取材させてください!
本当にありがとうございました。
このBLOGをお読みのみなさま、次はVooDoo Hawaiiansのライブでお会いしましょう!

※インタビュー第一回目はこちら(アルバムのご紹介もあります)
※インタビュー第二回目はこちら(最新スケジュールをご紹介しています)
[PR]
# by save_cbgb | 2007-05-23 18:51 | SAVE CBGB賛同者 | Comments(0)

VooDoo Hawaiians インタビュー【Vol,2】

 前回に引き続き、VooDoo Hawaiiansのフロントマン、
 中山加奈子さんと澄田健さんへのインタビューです。

インタビューとしてはこれでおしまいですが、実はお二人から直筆コメントをいただいております。二回の予定を三回に引っ張って、次回エントリとして公開させていただくことに決定!
というわけで、第三回目は当日の写真と直筆コメントをアップさせていただきますのでお楽しみに。

では、さっそく本文をご覧ください!
※前回の記事はこちらから。
※文中の文字色は、茶色がインタビュアー赤色が中山加奈子さん青色が澄田健さんの発言を指します。

--実際にCBGBで演奏してみていかがでしたか?
すごく盛り上がりました!びっくりしましたね。
実は行く前にちょっと悩んだんですよ。歌詞が日本語じゃないですか。だから英語にしたほうがいいのかな、と思ったりして。でもメンバーで話し合って「あえて変える必要はない、このままの自分たちで勝負しよう!」って決めたんです。だからこそ余計に嬉しかったですね。
終わった後、CBGBのスタッフがみんな楽屋に来てくれて「良かったよ!」って口々に言ってくれたのも印象に残ってます。

とにかく音がいい!リハーサルで細かくチェックしてくれただけあって、とても良い音で演奏できたと思います。

--オーディエンスの反応は。
あえていつもどおりのライブをしたんですが、熱かったです!こんなに反応してもらえるんだ、って。
当時のベースだった穴井(仁吉)さんが最初から最後までダウンピッキング
(弦を上から下に向かって弾くこと。速い曲では下から上へのアップピッキングと交互に弾く場合が多い。テンポの速い曲でダウンピッキングのみというのは非常に大変。)だけで弾くのを観て、みんな驚いてましたね(笑)。

--NYでの宿泊はいかがでしたか?
チェルシーホテル(パティ・スミスとロバート・メイプルソープがここで同棲したり、シド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲンの事件があった伝説的なホテル)に泊まったんですよ!あれはテンション上がりましたね~。
そうそう、ニナ・ハーゲンを見かけました。ハデなおばさんがいるなと思ってたらニナ・ハーゲンだった(笑)。服だけじゃなくて、存在自体に自己主張がすごくありましたね。NYだなと思いましたよ。

--NYという街の印象は。
空気がまったく違いましたね。「音楽活動をしている人」をすごく受け入れてくれる街だと思います。これは日本とはまったく違ってるかもしれません。
僕らがNYに行くとき、「ファンの方も(CBGBでのライブを)観に行きたいんだけど」という話があって、希望者を募って一緒に出発したんです。そしたら着いてホテルにチェックインするときフロントマンに「きみたちはスクール(の団体旅行)か?」って聞かれて。そうじゃないよってことを説明して、プロモーション用にいくつか持ってきていた音源をあげたんですよ。
そのあと少ししてからロビーに行ったとき、そのフロントの人から急に話しかけられました、「グレート!!」って(笑)。ロビーに戻ってくるまでほんの少しの間だったのに、ちゃんと聴いてくれたんでしょうね。それまではちょっと冷たい感じの人だったんだけど、急にすごく優しくしてくれるようになりました(笑)。

街が、音楽やってる人を大事にしてくれるんですよ。音楽に限らず、自分で選んだ「何か」をやっている人には温かい街だと思います。なんかこう、スタンプがパン!とつく感じ。何もない人は逆にダメなのかも。温かく接してもらってとても嬉しかったです。

--CBGBで演奏されてから5年経つわけですが、もし今のVooDooHawaiiansでまたライブをやるとしたら、最初に演奏する曲はなんでしょうか?
やっぱり、いつものお囃子(『E.V.D.H.』)かなあ(笑)。
新しい場所になったCBGBでも、またライブやりたいですね!


--中山さん、澄田さん、ありがとうございました!ぜひその旨、CBGBのオーナーであるヒリーにお伝えしたいと思います。
以上、ゴールデン街『くれBar』および『くればわかる』からお届けしました。次回の直筆コメントもお楽しみに!


インタビュー、いかがでしたでしょうか。特に「パンクロックノーリハーサル!」のくだりは「いかにも」という感じで笑ってしまいました。流行語大賞を狙いたいくらいです。学生のみなさんは、予習復習を命じられたときなどに活用してください。

CBGBの音に対する澄田さんのコメントや、NYという街に対する中山さんの感想には、表現してきた方ならではの重みがありました。個人的にも大変有意義なインタビューだったと思います。その割に、インタビュー自体はゴールデン街というところで行われてしまったのですが……。

そんなVooDoo Hawaiiansの魅力は音源はもちろん、やっぱりライブです。何回か拝見したことがありますが、とてもかっこいいバンドだと思います。ぜひ皆さまもCBGBで演奏した"Jappy"のロックンロールを体験してください!

■今後のスケジュール

★2007年6月14日(木)@渋谷LUSH
 “JUNKSHOP”
 前売:¥2300/当日:¥2800(+1drink)
 開場:20:00/開演:20:30
 with:DRUNK FUX/PONI-CAMP
 DJ:HOLLIE
 問い合わせ:03-5467-3071(LUSH)

★2007年6月24日(日)@下北沢SHELTER
 “BOMSHELL ROCKS JAPAN TOUR 2007 with LAST TARGET”
 前売:¥2800/当日:¥3200(+1drink)
 開場:18:30/開演:19:00
 with:BOMSHELL ROCKS,/LAST TARGET/DSB
 問い合わせ:03-3466-7430(SHELTER)

★2007年7月1日(日)@横浜BAYSIS
 “ROCK STEADY GO-GO AHEAD”
 前売:¥3300/当日:¥3800(+1drink/整理番号順)
 開場:18:00/開演:18:30
 with:De+LAX
 チケット:5/27(日)~発売
 ぴあ(P-258-767)/ローソン(L-39741)/イープラス
 主催:ディスクガレージ
 問い合わせ:03-5436-9600(Disk Garage)
 横浜BAYSIS
[PR]
# by save_cbgb | 2007-05-16 09:30 | SAVE CBGB賛同者 | Comments(0)

VooDoo Hawaiians インタビュー【Vol,1】
さて、公約どおりVooDooHawaiiansのフロントマン、中山加奈子さんと澄田健さんにインタビューさせていただきました。
まずは第一弾を公開!
e0031037_1341546.jpg
VooDooHawaiiansとは?
元プリンセス・プリンセスの「中山加奈子」と、LOOPUS、Zi:Lie-YA等を経て現在水戸華之介氏のバンドでも活躍する「澄田健」を中心に、1999年に結成された最強のロックンロール・バンド。
2006年に4枚目のアルバム『4our』をリリース。現在もロックの猥雑さやカッコ良さがギリギリまで濃縮された曲を引っさげて、精力的に活動中!
"VooDoo Hawaiians" OFFICIAL WEBSITE : http://www.voodoohawaiians.com/
さて、2002年にCBGBでライブをされたことのあるお二人。
今回のインタビューでは、当時の印象や裏話を二回に分けてお送りします。
これから移転先のCBGBに出演してみたい……と考えている方にも参考になる「生の声」をたくさんうかがうことができました!
※文中の文字色は、茶色がインタビュアー赤色が中山加奈子さん青色が澄田健さんの発言を指します。

--CBGBに出演されたきっかけは?
2002年夏に出したアルバム『DRIVE,She said』のツアー中に「やりたいね」って話になったんですよね。それで赤坂さん(元アンジー、水戸華之介氏のマネージャー赤坂珍氏のこと)に話したら、勢いで「やろうか」って盛り上がっちゃって、色々と動いてくれたんです。確か千葉LOOKのとき(2002年7月16日)だったんだけど、楽屋に電話があってね、「決まったよ!」って。

----出演のために具体的にどんなことをされたんですか?
普通にデモVTRを送ったんです。(商業的な)ツアーで、何かの企画で日本から行きますよっていうんじゃなくて、ちゃんとバンドとして(CBGB側に)評価してもらいたかったんです。
決まったと知ったときは、LOOKの楽屋で泣きましたね~。きっかけになったアルバム『DRIVE,She said』の中には『Jappy’s Rock,Jappy’s Go』っていう曲が入ってるんですけど、この日LOOKでもちょうどこの曲を演っていて。まさに「NY、待ってるよ!」っていう気持ちになりました。人生の忘れられない日になりましたね。


----決まったとき、どんな風に思われましたか?
聞いてすぐは実感がわかなかったですよ。そのあと「ホントに決まったんだ」っていう気持ちが徐々に来ました。

----CBGBで印象深かったことは?
意外と広かったですね。写真で見ていると狭そうに見えるじゃないですか。でも実際に入ってみたら奥行きもあって案外広いんですよね。
あとリハーサル!スタッフにリハをやらせてくれという話をしたら「パンクロックノーリハーサル!」って(笑)。たまたま(音響関係の)担当者がいなかっただけみたいで、あとでその人が来たときに無事リハーサルできましたけど。
でもいざリハが始まってみるとかなり細かいんですよ。アンプの向きにも気を配ってくれましたし。ここまでやってくれるところは日本にはなかなかないかもしれないなと思いましたね。


今回はとりあえずココまで。
次回は、実際にCBGBで演奏してみてどうだったかというお話をご紹介します。


 さて、このインタビューをもっと楽しみたい方は、
 ぜひ VooDoo Hawaiiansの楽曲を聴いてみてください。
 ロックはもちろん、パンク、ガレージがお好きな方にも
 オススメしたいバンドです。
 詳細およびご購入はこちら↓から!
 ■特典つきオフィシャル通販
 ■Amazon.co.jp

では次回もお楽しみに!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-05-09 01:38 | SAVE CBGB賛同者 | Comments(0)

ロック検定に出ちゃうかも?! CBGBトリビア!
ロックな生活にスパイス、CBGBトリビアの時間がやってまいりました
今日のトリビアは写真付き!
ニューヨーク、East Villageの
East 2nd Street と
Bowery の角は
「Joey Ramone Place」
という名前が付いている

e0031037_14541320.jpg

CBGB、そしてRamonesファンなら皆さんはご存知だったかもしれませんが、Joeyの他界から二年半後、2003年11月30日にCBGBで式典が行われ、正式に名前が付いたのです。
この写真にあるとおり、交差点には名前を記した標識があるのですが、この標識が『何度か熱烈なファンの手によって盗まれたから、普通の標識より高い位置に付いている』というのは巷の都市伝説。

ということで、また!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-05-07 15:23 | CBGBトリビア! | Comments(0)

ロック検定に出るのか?! CBGBトリビア!
好評を頂いてるCBGB総合歴史講座、
CBGBトリビアの時間がやって参りました。
今日のトリビアはこれっ!

CBGBのオーナーHillyは、
CBGBを立ち上げる前の
1959年から64年の間、
ニューヨーク市内にあった、
あの伝説のジャズクラブ
「Village Vanguard」で、
マネージャーをやっていた!


いやー、伝説から伝説が生まれた、って感じですかね?
当時ジャズ全盛期、Hillyが働き始めて最初のグループが、
なんとジャズ界の帝王、あのマイルス・デイビスのバンドだったそうです!
人に歴史あり、ですよねー

と、言う事で、またっ!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-05-02 16:56 | CBGBトリビア! | Comments(0)

速報!VooDoo Hawaiians登場!
先日、CBGBで演奏されたご経験のある、VooDoo Hawaiiansのフロントマンお二人に取材してまいりました。
取材はゴールデン街にある『くれBar』で行われたのですが、お二人ともゴールデン街のあやしい雰囲気がばっちりハマっていて大変カッコよろしかったです。
メインボーカルは、あのプリンセスプリンセスのギタリストだった中山加奈子さんなのですよ!

さて、そのvoodoo hawaiiansさんですが、明日!横浜にてライブがあるそうです。インタビュー自体は(現在コメント起こし中なので)もう少しあとのアップになりそうですが、せっかくのライブですので先に告知だけでもさせていただきたく、ご案内します。
まさにRock 'N' Rollのひとこと。ぜひおでかけを!

----------------------------------------------------------------------------------------
★2007年4月27日(金) 
場所:横浜7thAVENUE (JR関内駅南口下車徒歩5分)
時間:Open18:00 / Start18:30(VooDooHawaiiansは21時頃の予定)
出演:Voo Doo Hawaians/DEW/CRAZY LOVE MACHINE/Risky Drive Show
料金:前売2500円 / 当日3000円
    それぞれドリンク代別(500円)
購入:7thAVENUE電話予約→045-641 -2484
    4月26日 21:00まで受付
----------------------------------------------------------------------------------------

もちろんかんじんのインタビューも、当時出演された際のお話をたくさんうかがえました。CBGBならではの生々しい逸話の数々、ぜひご期待ください!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-04-26 17:02 | SAVE CBGB賛同者 | Comments(0)

ロック検定にそなえろ! CBGBトリビア! その3!
不定期にお送りしております、全てのロックファンに送るCBGB講座の時間であります。
今日のトリビアは

70年代中期、
レコード契約をしてない駆け出しバンドが
演奏できるライブハウスは、
ニューヨークはおろか全米でも、
CBGBぐらいしかなかった!


?な人もいるかと思いますが、当時はまだライブハウスで演奏できるのは、レコードを出したプロのみに限定された閉鎖的な感じだったんですねー、わたしも知りませんでした。
そんな中CBGBのオーナー、Hillyは「自分達の作った曲を演奏する事」というルールだけで、プロ・アマ関係なくステージに上がることを許し、演奏する場を求めていた多くの無名ミュージシャン達に活躍の場を提供する事を思いついたわけです。
つまり、CBGBが無かったら、当時NYのローカルバンドだったRamonesやTalking Headsなんかも世界的に有名にはならなかったかも知れないし、そうするとCBGBもこのように世界中の人々に知られる事は無かったかもしれないんですねー。

ということで、つづきますっ
tune in for another episode of CBGB trivia!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-04-25 15:01 | CBGBトリビア! | Comments(0)

ロック検定に出る?! CBGBトリビア! その2!
あなたもこれで明日からCBGB・NYパンク通、CBGBトリビア、、、

あのアンディ・ウォーホルも
    CBGBに通っていた!


75年にPatti Smith Groupが好評を受けて7週連続出演した時、
常連のパンクス達に加え、各界の著名人、知識人などがその客として訪れたのです。
アレン・ギンスバーグ、アレン・ラニエー(Blue Oyster Cult)や
ルー・リードなんかは、ウォーホルと共に何度も来てたんですと!
凄い顔ぶれですねっー

そんなわけで、つづくっ
[PR]
# by save_cbgb | 2007-04-19 18:58 | CBGBトリビア! | Comments(0)

ロック検定に出る?! CBGBトリビア! その1!

CBGBが「パンクの爆心地」となったのは
1973年12月のある日、たまたま歩いていた
Richard Hellたち、Televisionのメンバーが
たまたま入り口の日よけを修理をしていた
CBGBオーナー、Hillyに声をかけたから!



出会ってから数日後に、TelevisionがCBGBでライブをする運びになり、
さらにその後、彼らの「知り合い」でForest Hill出身のバンド、つまり、
Ramonesが連れて来られることになったのです。

以後30年以上続くCBGB伝説は「What's going on?」なんていう
たった一言の挨拶から始まったわけですかね!

ということで、つづく!
[PR]
# by save_cbgb | 2007-04-17 13:42 | CBGBトリビア! | Comments(0)



NY伝説のライブハウスを救え!
『SAVE CBGB』日本公式サイト

現地、日本での『SAVE CBGB』活動概要、最新ニュース、オーナー/サポーターの生の声、サポートグッズの販売等々、様々な情報を続々お伝えしていきます。
カテゴリ
ニュース
SAVE CBGB
SAVE CBGB賛同者
イベント
グッズ
CBGB
CBGBトリビア!
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
Blondie Hist..
from A Rock Chat
ミュージックマシーンが終..
from OPQR 日々
パンクロックの聖地、閉店..
from ナニガデルヤラ
ニューヨークの奇跡〜どこ..
from ココロコロコロ
CBGB移転決定
from STAB YOUR BACK..
SAVE CBGB
from 今日の英才教育
11/25蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
NY PUNK FORE..
from 今日の英才教育
ROCKSTYLE 06..
from 今日の英才教育
Dragon Ashが9..
from なんとなくやる
CBGBの救済のためにで..
from 東京Tシャツ部 Blog
CBGBにJ Masci..
from ニューヨークの亡霊と花々
CBGB Forever..
from ナニガデルヤラ
CBGB
from 飢餓猫見聞録
何が“セレブバンド”だこ..
from ヨコハマシンガー日記。
最新のコメント
Aloha! wse
by Gundoswmj at 01:38
Aloha!
by cialis_uk at 22:19
Hello!
by vigrx at 20:51
wntddpt
by rdyuvhpj at 01:07
npfxrtq
by tbbccagh at 17:05
jojbwuff
by bpmqua at 00:01
Hello!
by enhance9 at 18:55
Very nice si..
by Pharmg769 at 09:01
Very nice si..
by Pharmb532 at 09:01
Hello! ecek..
by Pharmd903 at 09:01
リンク
CBGB Online
 本家"CBGB"のサイト。

Lucky Cheng's Blog 
 イーストビレッジ仲間!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧




当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
DESTROY ×EXCITE
免責事項 ヘルプ エキサイトをスタートページに BB.excite Woman.excite エキサイトホーム